美容外科で自信を手にいれる

このエントリーをはてなブックマークに追加

アフターケアのこと

術後のことにも気を配る

美容外科クリニックでは、だいたい、カウンセリングの日があって、手術当日があって、その後アフターケアの日を設けるというのが普通です。
美容外科の手術は、人の顔かたちを変えたり、カラダの見た目を変化させたりするものです。大きな影響をおよぼすものです。そのため、のちのち何か起きないように、しっかりと「術後」のことにも気を配る必要があるのです。つまり、手術のアフターケアということを、しっかりやる必要があるわけです。
美容外科の手術では、何かをカラダから抜いたり、入れたり、切ったり縫ったりします。その変化の結果、内出血が出たり、表面に腫れが出たりすることがあります。もちろんそれらは体型や形が変わったことによる一時的な反応であるわけですが、それらを収まらせるべくケアしてあげることが、必要になります。放っておいて良いものではありません。
あるいは、術後にカラダが痛くなって、放ったらかしにしていたらあとから重大な事態につながることもあります。
カラダが安定するまでは、クリニックに通ってしっかりケアしてもらう必要があるのです。

説明してくれるクリニックを選ぶ

美容外科のアフターケアに関する取り組みについては、最初に、カウンセリングの段階で説明を受けることになるでしょう。
たとえば、「シリコンバッグを入れる豊胸手術を行う場合には、シリコンを入れて縫えば全部OKというわけではなく、その状態についてしばらくは定期的に診せてもらうことになりますよ」ということで、案内があるはずです。安全性についてはすでに確認されているものであるとはいえ、シリコンバッグという「異物」をカラダに入れるわけですから、その反応をチェックすることは大切なことなのです。
あるいは、「脂肪吸引をしたあとはアフターケアとしてマッサージを受けてもらうことになります」ということを、言われるでしょう。
脂肪吸引後の皮膚を慣らすために、揉みほぐしてリラックスした状態にしなければならないのです。

クリニックでカウンセリングを受けたとき、こういったアフターケアのことについてもしっかり説明してくれるクリニックこそ、良いクリニックです。